29歳と10ヶ月。あと2ヶ月で20代が終わる。
そんな2007年の暖冬。乳がんの告知を受けた。

今後どうなるのか、とても不安で仕方ない。
だから自分のため、これを読む誰かのために、私が日々思い
考えることを記録し、経験として綴っていきたい。

これからも穏やかに笑ってすごしたいから、少しずつでも前を向いて生きていきたい。


<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 007/さらなる反応 | main | 009/入院初日 >>
008/入院まで
手術をすると決まったら、あとはもう検査をこなすだけ病院

胸のレントゲン、腹部の超音波、
骨シンチ、MRIと、聞きなれない検査もした。

MRIは、手の甲に点滴の針を刺したまま、
数十分じっとしてなくちゃいけないのが、ちょっと嫌だったな。
途中、別世界へ行ったような気分だった。

検査を受け続けていく過程で、
転移を気にしなくちゃいけないのが、何より苦痛ともいえた。
結果、ほかへの転移は現状ナシ。。。ほっとした。

ただ、しこりだけではなく、
乳首に向け、乳管のなかを広がるがんの姿が映っていた。
これにより、少し広範囲での切除が決定した。
検査の途中、自分でわきの下にしこりも発見。ドキッとした冷や汗
転移かどうかは、リンパ節を調べないと分からないらしい。

この数日、お風呂に入り、
湯船にぷかぷか浮く胸を見ては、大声で泣いてみたり、
友達に会っては号泣したり、笑ったりはしゃいだり。
家族へは本当にひどい状態で、八つ当たりした。
それでも仕事へ行き、普通の生活がしたかった。

しょんぼり本当に不安定な2週間だった。

最終的に、初診からちょうど3週目の水曜日が、
私の手術日となった。
素早く対応してもらえたことは、本当に運がいいと思う。

入院の前日には、今までの日々がうそみたいに、
開き直り、もうちゃんと前を向こうと、そう思う自分が居た。

家族や友達や、職場の人や先生のおかげで、
そう思うことが出来たんだろうと思う。
やっぱり私ったら運がいい嬉しい





スポンサーサイト
COMMENT