29歳と10ヶ月。あと2ヶ月で20代が終わる。
そんな2007年の暖冬。乳がんの告知を受けた。

今後どうなるのか、とても不安で仕方ない。
だから自分のため、これを読む誰かのために、私が日々思い
考えることを記録し、経験として綴っていきたい。

これからも穏やかに笑ってすごしたいから、少しずつでも前を向いて生きていきたい。


<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 004/追加の検査 | main | 006/周囲の反応 >>
005/検査の結果
「・・うーん、何て言ったらいいかなぁあせあせ
最初の一言で、全て分かるような言い方だった。
「悪性だったんですよねぇ・・」

ア ク セ イ ?

私は何のリアリティもなく、演者のようにため息をついた。
全くもって、リアルじゃないし、重みのない一言だった。

だって悪性って事は、がんってことでしょ?


ちょっとした覚悟なんて、覚悟してないと同じだ。

先生は、何かいろいろ説明をしてくれたけど、
その内容は、ほとんど覚えてない。
ただ、いくつもある項目の中「悪性」にチェックが入っていた。

頭が思考するのをやめた。

その後、がんとは何か先生から説明があったけど、
耳になんて入らなかった。

帰りの電車は最悪だった 怒り
私は今さっきがんと言われたのに、何で君たちは普通なの?って。
今まで何も思わず、向こう側だった自分が
たった一言で、そんな精神状態になるなんて思ってもいなかった・・冷や汗

鼻の奥がツーンとして、目に涙がたまった。
下を向いて涙を拭くけど、鼻はまたツーンとした。

今朝まで、ぐいぐい読んでた本を広げてみたけど、
目は、何も読んでいない。その上、涙で読みにくい。

やり場のない気持ちで、泣き叫びたくなった。

最低だった。
スポンサーサイト
COMMENT