29歳と10ヶ月。あと2ヶ月で20代が終わる。
そんな2007年の暖冬。乳がんの告知を受けた。

今後どうなるのか、とても不安で仕方ない。
だから自分のため、これを読む誰かのために、私が日々思い
考えることを記録し、経験として綴っていきたい。

これからも穏やかに笑ってすごしたいから、少しずつでも前を向いて生きていきたい。


<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 042/忘れるということ | main | 044/足のつけね >>
043/夏の終わり
おてんき暑かった8月もあっというまに終わったしょんぼり

去年の夏は、薬の副作用の恐怖と、思うように動かない体を
どうしようもなく悔しく思ってたのに悲しい人間て、うまく出来てるな。。

自分がそれを乗り越えてきたなんて、今は到底思えない。


ただ、体の傷をまじまじと見たり、がんという言葉を見たり聞いたり、
病院での検査をするたびやっぱり大きな恐怖心が、頭をよぎる。



でも、驚くほどに元気で、快活な夏を過ごせたグッド
女そんな自分でよかったなと、ほんとに思ったりした。


汗くそあちーけど、やっぱり夏も大好きだな。


今年夏を楽しめたことに、心から感謝。


生きてるって当たり前のことじゃなく、やっぱりすごいことだよなって
真夏の太陽を浴びながら、冷たいスイカをほおばりながら、思ったり。


初めて着た浴衣も、とても良いものなんだって感じれたし
拍手そんな風情で見る花火なんて最高だったし、
それをかわいいよって褒めてくれる彼氏が横に居てくれたりラブ
一緒に旅行して、大騒ぎできる友達もたくさん。。


・・・あ〜、私ってたぶん幸せなんだわよつばのクローバーって思いが
何度となくやってきた夏だった。

ほんとにほんとに、色々ありがたいな楽しい

もう今は、残暑とはいえやっぱり秋の風を感じる。


でも、食欲も、遊びも盛りだくさんの季節。

不安な気持ちも、どうしようもなく凹む夜もあるけど、
泣きながら、それでも笑って生活していきたい。女

またしばらく楽しもうるんるん
スポンサーサイト
はろぉ!miuさんっ!!

何だかとっても充実した毎日のようで、
読んでいてシアワセを分けてもらった感じよっ。
浴衣着て彼と花火なんて・・あぁ・・ステキですねんっ。

ときどき病気を思い出すことも必要だし、
すっかり忘れて楽しむことも大事。
お互いに病気と共存しながら楽しみましょうねっ!!
elmo | 2008/09/07 15:21
こんにちわ!elmoさん。

ほんと去年の鬱憤を晴らすかのような
遊びっぷりですよ今年は。笑

彼氏は、そっと横に居てくれたり、
彼なりに私を元気づけようとしてくれたり、
そんな心意気をいつも感じてます。


病気になって、ほんとにそういう事を諦めてたから
余計に感謝しています。
言葉には表現しづらいですけど。。


体を労りつつも、たまには忘れたりして
楽しく過ごして行きたいですね。
miu | 2008/09/08 21:46
COMMENT