29歳と10ヶ月。あと2ヶ月で20代が終わる。
そんな2007年の暖冬。乳がんの告知を受けた。

今後どうなるのか、とても不安で仕方ない。
だから自分のため、これを読む誰かのために、私が日々思い
考えることを記録し、経験として綴っていきたい。

これからも穏やかに笑ってすごしたいから、少しずつでも前を向いて生きていきたい。


<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 001 | main | 003/初診 >>
002/初診まで
2007年1月

眠るとき、胸の下、ちょうど肋骨のあたりに
ふと手を置いた。右胸の下が、ポコっと出ている感じがした。
??と思って、もう一度触り、左も触ってみる。

・・・骨かな。。うん。肋骨な気がする。。


2007年2月

また胸の下に手を置いて眠ろうとする。
右胸の下、まただ。
でも、今度は確実に何かあるぞ。って感じ。

・・・これ、やばくない??汗
どうしよう。

気持ちが眠ることを拒否したのか、眠れない。目をつぶる。

ぐるぐるぐるぐる。いや〜な感じにとりつかれる。

むりだ!!冷や汗電気をつけて、ネット検索。・・カタカタカタカタ

そこで辿り着いた「乳腺外科」
職場近くの専門医は、たった1カ所。

翌朝、診察時間と同時に電話する。
「本日のご予約だと、一週間後です」
・・・な、なんだとぉ〜!!!!

でも、仕方ない。
でも、キャンセル待ちもあると言うことで、
それも予約。

電話から5日後。連休明けの早朝、
私は初めて乳腺外科に行った。
スポンサーサイト
COMMENT