29歳と10ヶ月。あと2ヶ月で20代が終わる。
そんな2007年の暖冬。乳がんの告知を受けた。

今後どうなるのか、とても不安で仕方ない。
だから自分のため、これを読む誰かのために、私が日々思い
考えることを記録し、経験として綴っていきたい。

これからも穏やかに笑ってすごしたいから、少しずつでも前を向いて生きていきたい。


<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 017/胸の傷あと | main | 019/腕のリハビリ >>
018/仕事復帰と退社



手術から2週間したころ、私は職場に復帰した。

腕の動きは不完全で、体力は落ちているものの、
職場ではPCに向かい、いつもの作業ができた。


会長や社長が、入れ替わりやってきて、
私の様子を見ては、あまりの普通さに驚いていた。


そして、今後どうしていくのか、
ということを話すため、打ち合わせ用のデスクに呼ばれた。
私は、治療をしながらも仕事を続けていきたいし、
先生も、そうしてくれて全然大丈夫です。といってました。
そう伝えた。


結果は、こうだった。


私たちの職業は、深夜残業や徹夜にもなる職業で、
体への負担も心配な上に、
休みがちになったりする人を、会社は雇っておけない。



病気と分かって、クビになったのだ。



怒り 怒りマーク怒りマーク怒りマーク怒りマーク怒りマーク怒りマーク

正直、はらわたが煮えかえるほどの怒りだった。

病気だからといって、どうしてクビにならなくちゃいけないんだ!!!
そういうところをフォローできるからこそ、会社なんじゃないか!?

悔しくて、悔しくて、涙が出そうになった。
泣きたいのをぐっと我慢して、仕事は続けたい。と訴えた。


だけど、いくら言ったって、代わりは沢山いるんだ。
使えないコマは捨てるだけ。

結局、最初から意見なんて聞く気もない。
答えは決まってるんだ。


楽しい同僚とやっと仲良くなったのに・・
せっかく、気の合う上司に巡り会えたのに・・
外部のスタッフとも、もっといい仕事したかったのに・・


自分の居た会社が最低だっということ。
だけど、一緒に働いた人は、みんなステキだったということ。
強く実感した。



復帰からたった3週間で、会社を辞めさせられた。




スポンサーサイト
COMMENT