29歳と10ヶ月。あと2ヶ月で20代が終わる。
そんな2007年の暖冬。乳がんの告知を受けた。

今後どうなるのか、とても不安で仕方ない。
だから自分のため、これを読む誰かのために、私が日々思い
考えることを記録し、経験として綴っていきたい。

これからも穏やかに笑ってすごしたいから、少しずつでも前を向いて生きていきたい。


<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 009/入院初日 | main | 011/手術後の夜 >>
010/手術当日
数時間前に、下剤を飲まされた。

カンチョーは絶対いやだ。絶対にイ・ヤ・ダ。
しばらくトイレに閉じこもり、うん子さんを出した。
出ないかな。と思いつつ、2回もだした。


さて、いよいよ。

ご飯が食べられないこの憂鬱な感じ。悲しいいやだ。
それでも、点滴はスタートした。


ボーっとテレビを見たり、マンガを読んだりしていたら、
"トントン"とノックの音がする。
見上げると、お父さんとお兄ちゃんが何となく
そわそわ落ち着かない視線で、のぞいてた。

「どうだー調子は?」

元気に振る舞ってる、
だけど明らかに緊張しているお父さんを見たら、
本当に申し訳ない気持ちになった。

1年ぶりに会う娘が、ベッドの上だなんて
家族はどんな気持ちなんだろう。しょんぼり


体の調子を話しながら、
何となくみんなで、テレビを見ていたら、
またノックの音がする。

会社を休んでまで来てくれた友達だ。
手術前は、不安定な私を気遣い、毎日会いに来てくれた。
そして必ずメールをくれた。

彼女への言葉は、いくらあっても足りない。
今後、助けてあげられることがあるだろうか。女


そんな思いとは真逆に、病室ではゲラゲラ笑って過ごした。




とうとう来て欲しくない瞬間が来た。



何か変な帽子をかぶり、歩いて手術室まで行く。
みんなに見送られて、ちょっと恥ずかしい。あせあせ

「行って来るよっ」
ぶんぶんと手を振った。



寝かされた部屋は、少し寒かった。
キョロキョロしていたら、笑われた。


きっと、まな板の上の鯉は、こんな気分なんだ。


私に何をしてくれる。
よってたかって何だ、みんなしてさ。
軽く手足を固定されているため、動きもとれない。


他に気を取られてる間に、腕に筋肉注射なるものを刺された。
ぐわーーーーーーっと叫ぶ。ほど痛い。
びっくりこんな痛み聞いてないよマジで!!


軽くパニックになっている状態だった。
そして、口に酸素マスクっぽいものが、ポコッと装着される。

「あれ?スタートしちゃうの?麻酔きかなかったりしたら超痛いんじゃ・・」
そんな恐怖が頭をよぎった。
「はい、まぶたが重くなりますよー」
絶対寝ないぞ。ぜったい寝ないぞ。



体が重くなり、水へ沈むような感覚だった。


たったの数秒で、痛みのない
無意識の世界へとおちてしまった。

スポンサーサイト
COMMENT